川崎 歯科 託児

川崎 歯科
診療案内
一般歯科・小児歯科
歯列矯正・審美歯科
インプラント
費用一覧
当院のご案内
診療方針・院内紹介
アクセス・診療時間
無料託児サービス
インフォメーション
リンク集
お問い合わせ
川崎市幸区 歯科
  インプラント

インプラントとは
インプラント治療ではまず、100%に近い純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を、歯のなくなった部分の骨に埋め込み、抜いてしまった歯の根の代わりを作ります。 その上に差し歯の要領で歯を作っていきます。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。

インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから、他の歯に侵襲を加えることはありません。しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。
インプラント
line
メリット
・失った歯の本数に関わらず対応できる
・歯を失った部分のみの治療で、周囲の健康な歯に負担をかけない
・歯を失った部分の骨は機能回復する為、骨がやせない
・自然歯に近い見た目
・入れ歯と違い、取り外して洗浄する必要がない

デメリット
・簡単な手術が必要
・保険適用外のため、自費の治療となる
・全身の疾患がある場合には治療できない場合がある
line
インプラントと従来の治療方法の違い

【画像1】
line
【画像2】
line
【画像3】
line
上部構造の種類

セラミック(オールセラミックを含む)
いわゆる陶器と同じようなもので、変色せず、審美的に最も優れた素材です。 汚れも付きにくいため、歯周病(歯槽膿漏)の方や、ブラッシング(歯磨き)が十分にできない方にも適しています。

メタルボンド
金属にセラミックスを焼き付けたもので、強度に優れています。 すり減りや変色がなく、天然歯に近い色合いが出せるため審美性にも優れています。表面のセラミックスの抗菌作用で、細菌を寄せ付けにくく歯が長持ちします。

ハイブリッド・セラミックス
セラミックスとレジン(プラスチック)の混合物です。 セラミックスの固さとレジンの柔らかさを併せ持ち、天然歯に近い色合いと噛み心地が再現できます。含まれているレジンにより、劣化や変色がみられるのが欠点です。 メタルボンドのように内面に金属を用い、強度を高めることもできます。

メタル
適合性や硬さにおいて劣りますが、最も安価な上部構造物です。

上部構造の詳しい説明はコチラ >>

サイトマップ

サイトマップ

COPYRIGHT(C)2009 川崎サン歯科クリニック. ALL RIGHTS RESERVED.